伊豆半島 体験&アクティビティ

自 然河津七滝

河津七滝

多くの文人にも愛された幽玄華麗な景色を巡るハイキング

河津を代表する観光スポットの河津七滝は、約1.5kmの間に点在する大滝、出合滝、かに滝、初景滝、蛇滝、えび滝、釜滝の7つの滝を総称し、伊豆半島ジオパークのジオサイトに指定されています。

約2万5000年前に伊豆東部火山群の一つ、登り尾南火山からの溶岩流が谷に流れ込みできたもので、えび滝を除く6つの滝とその上流にある猿田淵の岩盤には溶岩が冷え固まる時の収縮でできた柱状節理を見ることができます。

登り尾南火山からの溶岩が覆い被さるように迫り、かつては地獄谷と恐れられていたほど迫力満点の釜滝、伊豆の踊り子の叙情を醸し出す初景滝、七滝の中でも最大の落差をもつ高さ30mの大滝など、ねじれや折り重なり、膨らみなど、それぞれの滝が形成される際に生まれた独特な表情と個性を見ることができます。

河津七滝をめぐるハイキングは約1時間。

またそれらを含む天城峠から河津湯ヶ野を結んだ踊子歩道(約4時間35分)には杉並木や文学碑など見どころも多いハイキングコースになっています。

Detail公式ホームページ関連イベント一覧
河津七滝
河津七滝

スポットマップ

関連特集関連特集