伊豆半島 体験&アクティビティ

伝統|伝統工芸重要文化財 岩科学校

重要文化財 岩科学校

西洋と日本を融合させた伊豆地区最古の小学校

なまこ壁を生かした社寺風建築様式と、バルコニーなど洋風を取り入れたデザインの建物が印象的な伊豆地区最古の小学校です。

日本では甲府の旧睦沢学校(明治8年)、松本の旧開智学校(明治9年)に次ぐ古いものとして知られ、明治12年着工、翌13年9月に完成。

平成4年11月から2年間の改修工事を経て当時の姿に復元されました。

建設当時の松崎では村内の教育振興熱が高く、校舎新築のため総建築費2,630円66銭のうち、4割余りの寄附金が集められたそうです。

正面玄関に掲げられた「岩科学校」の扁額は、時の大政大臣・三条実美の書であり、その上にある龍は、名工・入江長八が彫ったと伝えられています。施設内には明治時代の学校の教室や校長室の再現や、当時の教科書等の資料や昔の農具なども展示されています。

また松崎は早場まゆの産地であったこともあり、資料展示のほか、時期によりまゆ玉人形教室も開催されています。

Detail公式ホームページ関連イベント一覧
重要文化財 岩科学校
重要文化財 岩科学校

関連スポット

スポットマップ

関連特集関連特集