伊豆半島 体験&アクティビティ

伝統|美術館黄金崎クリスタルパーク

黄金崎クリスタルパーク

独創的な現代ガラスと光が織りなす芸術美を鑑賞

ガラスの主原料でもある珪石の産地として、1939年から約70年にわたり採掘が行われていた西伊豆町宇久須。

1997年にガラス誕生の地であるとともに、ガラスを核に新たな展開をと設立したのが黄金崎クリスタルパークです。

主に1960年代以降に広まった自由で独創的なガラス芸術を現代ガラスといい、それまでのアールヌーヴォーやアールデコとはまったく異なる、新しいガラス芸術の世界を創り出しました。

そんな現代ガラス専門の美術館として、国内外の優れた作品の収集と常時40種の作品展示、独自のテーマによる企画展を定期的に開催しています。

常設展示では年に数回、展示作品の入れ替えが行われ、展示室に差し込む自然光を浴び、光り輝く空間はとても幻想的です。

またガラスミュージアムには各国で活躍する万華鏡作家の作品が展示され、中に入ると無限に広がる鏡の不思議を体感できるコーナーも好評です。

サンドブラストやフュージング、ステンドグラスなど様々なガラス工芸を体験できる工房では、小さな子どもや初心者でも簡単にオリジナル作品を制作することができます。

Detail公式ホームページ関連イベント一覧
黄金崎クリスタルパーク
黄金崎クリスタルパーク

関連スポット

スポットマップ

関連特集関連特集