HOME > 観光 > 月光天文台

[ 博物館・資料館 ]

月光天文台

函南町桑原

055-979-1428


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月光天文台、リニューアルオープン!

月光天文台は2017年7月、新館にてリニューアルオープンしました。天文の展示(3階・コスモワールド)、化石の展示(2階・ジオワールド)があり、プラネタリウムとともに公開しています。
コスモワールドでは、太陽系の惑星の大きさの比較ができるパネル、直径20インチの光電子増倍管、太陽スペクトル画像などが展示され、解説を聞くことができます。ジオワールドでは地球の歴史に刻まれた生物の化石(三葉虫、アンモナイト、恐竜)などが展示されています。また1階のサンフェイスルームには、口径20センチのクーデ式太陽望遠鏡により、太陽の直径2メートルのリアルタイム画像が投影されています(悪天の場合録画像を投影)。
口径50センチの反射望遠鏡は、天体観望会に使用されます。11メートルドームのプラネタリウムでは、季節ごとの星空や話題の天文現象を、わかりやすく紹介しています。お気軽にお出かけください。

  • 月光天文台
  • 月光天文台
  • 月光天文台
  • 月光天文台
  • 月光天文台
  • 月光天文台
  • 月光天文台

この会場で行うイベント

月光天文台本館

夏の星空・火星観望会

2018年8月3日(金)~5日(日)

夏の星空と火星を見よう!

火星特別観望会(1)

火星特別観望会(1)

2018年7月28日(土)・29日(日)

大接近の火星を見よう!

土星・火星特別観望会

土星・火星特別観望会

2018年8月28日(火)~30日(木)

土星と火星を望遠鏡で見よう!

月光天文台・新館

8月定例観望会

2018年8月12日(日)

火星と土星を見よう!

火星特別観望会(2)

火星特別観望会(2)

2018年8月14日(火)~17日(金)

大接近の火星を見よう!

金星のイメージ

昼間の金星観望会(7月)

2018年7月21日(土)、22日(日)

昼間の金星を見よう!2018

金星のイメージ

昼間の金星観望会(8月-1)

2018年8月14日(火)~17日(金)

昼間の金星を見よう!2018

金星のイメージ

昼間の金星観望会(8月-2)

2018年8月26日(日)

昼間の金星を見よう!2018

基本情報

名称 月光天文台
住所 〒419-0101 函南町桑原1308-222
電話 055-979-1428
FAX 055-978-7601
開館時間 9:30~17:00 最終入館16:30
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日休館/※8月の月曜も休館)、第4木曜日、年末年始(12月26日~1月4日)
料金 ■本館見学料(コスモワールド、ジオワールド) 大人/600円[480円]、小人(小・中学生)/300円[240円] 小学生未満無料                            ■プラネタリウム見学料 大人/600円[480円]、小人(4歳以上)/300円[240円] ※[ ]は団体(20名以上)。4歳未満入場不可。上映途中での入場不可 ※プラネタリウムの投影:土曜・日曜・祝日=11:00、14:00                平日(休館日を除く)=14:00
交通機関 JR函南駅下車、タクシーまたは徒歩で約4km (函南駅で7名までの場合、事前に天文台へお問い合わせください。)
東名沼津I.C、新東名長泉沼津I.Cより伊豆縦貫道経由約30分
駐車場 50台(無料)
ホームページ http://www.gekkou.or.jp/
この情報は、2017年11月15日現在のものです。営業時間、価格など掲載内容は変更されている場合があります。ご利用前にお店・施設にご確認ください。
※情報が2014年3月31日以前の場合、金額は旧消費税率(5%)の税込価格です。(一部を除く)
記載内容が異なる場合はこちらまでご連絡ください。

Facebook

Twitter

イベント開催日カレンダー

<< 先月 2018年7月 次月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

エリアマップ

伊豆全域 南伊豆町 下田市 松崎町 河津町 西伊豆町 東伊豆町 伊豆市 伊東市 伊豆の国市 熱海市 函南町 沼津市 三島市

アクセスランキング

周辺天気予報

観光パンフレット

伊豆へお越しの際は事前に情報をゲット!

各観光協会のパンフレットはこちら