Facebook

Twitter

LINE

1

2

3

4

5

6

天然の良港から見る富士山

太古の昔、伊豆半島は、太平洋に浮かぶ島でした。その島が、100万年ほど前から長い年月をかけて本州に衝突し、伊豆半島になったといわれています。伊豆半島は、富士火山帯に属するため、各地に温泉がわき、沿岸部には、入り組んだリアス式海岸が生まれました。

近代になって、海岸は、港として活用されるようになりました。通常、港は、大規模な湾岸工事を行いますので、古来の地形は一変します。しかし、伊豆の港は、自然の切り立った海岸の岸壁を利用したため、ほぼそのままの自然の状態で港として活用しています。また、複雑な地形が、風から舟や漁村を守り、豊かさは漁場を形成しました。まさに天然の良港です。

その伊豆の良港から見る富士山。日本一の山と日本一の良港が織り成す、景観は、日本中の銭湯の壁絵にもなりました。

ここでは、富士山と港の景観が美しい良港をご紹介します。

伊豆特集・温故知新

  • 山登りのご褒美富士山大展望
  • 天然の良港から見る富士山
  • 日本一早い真冬のお花見
  • 自然の恵みが作る原風景
  • 火山の贈り物伊豆半島ジオパーク
  • 黒船来航の歴史が薫るシーン
  • 大きな浪漫を秘めた情景

特集内の市町を私達が紹介!

  • 沼津市
  • 熱海市
  • 伊豆市
  • 松崎町